有珠観光

有珠善光寺 おびんずるさん 三十三観音巡り

有珠善光寺境内の

三十三の観音像をお参りする

三十三観音巡りをご案内

始まりは、石割り桜の道を

進みます。

1番観音像

2番観音像


24番観音像
明治11年に、
英国旅行家イザベラ・バードが見たと
伝えられる観音さま。著書日本紀行に
観音レリーフと書いています。


三十三観音のすべての画像はblogでご紹介しております。


有珠善光寺 本堂の左側にまつられている

御賓頭盧様

有珠では「おびんずるさん」と呼ばれて

撫でると、病を軽くしてくれる「なで仏」

として有名な仏像です。

実在の僧侶で、お釈迦様のお弟子さんだった

ピンドーラ・パーラドヴァージャという方の

名前から賓頭盧(びんずる)と名付けられ

お賓頭盧尊、お賓頭盧さま と親しまれて

呼ばれています。

願いを叶える力をもった仏像として

本堂の左隅に座しております。

みなさまに撫でられて

有珠善光寺のおびんずるさまは、

ピカピカツルツルに光っております。




保存保存保存保存 保存保存 保存保存

コメントする

名前

URL

コメント

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ